MYプロフィールの作陶の箇所でも書きましたように、基本的にサイト上に自分の作品を載せる事はしません。
また、このホームページは私の私的なものというより、粟田焼のためのものにしたいのです。
ただ、個展の会場風景ぐらいはチョットだけお見せしようかな、です。





百貨店などで目を引き、売れやすいのは色を多く使った派手目のモノだし、むかしの粟田を知る人は淡交テキストに掲載されたような作品や麦藁手のような銹絵染付を好まれるし、もっとむか〜〜〜しの粟田を知る人、特に道具屋さんなんかは仁清信楽みたいなモノを見て、非常に喜んで頂けるし・・・。誰しもに「粟田」の息吹みたいなのを感じていただきたいと思っているとなかなか作品の方向性がまとまらないです。(^_^;)




いっちょまえに立礼席仕立て。呈茶席まであります。






光栄にも青蓮院御門跡や裏千家伊住様ほか沢山のお花を頂戴しました。m(_ _)m
会場が花屋さんみたいに良い香りが漂っていました。






一週間会場に立つのは普段の座る仕事と違い、いろいろな方々とふれあえて楽しいけれど、大変疲れます・・・。(-_-;)